「命を考えよう」
コラム コラム

「命を考えよう」

カテゴリ:コラム

2020年8月

 今、新型コロナウィルスという未知のウィルス感染に世界は翻弄させられ、世界経済は破滅し、国内外では多くの命が失われました。
 今までも世界中でいろいろな危機・災害を乗り越えてまいりました。しかしながら、今回はこの見えない強敵と向き合いながら日々の生活を送るという未曾有の事態に遭遇する事となりました。

 本来であれば 今日本ではオリンピックの歓喜の渦の世界に、世界中の人々がいたことでしょう。延期決定後も新型コロナウィルスの感染拡大は世界中で続き、大会を一年後無事に開催できる見通しは立ちません。
 そういう未知のウィルスと向き合いながらの生活を強いざるを得ない状況下において、かけがえのない子どもたちの感染予防に必要な事は、大人である、職員・保護者が感染しない事が大事であります。とはいえ感染対策は難しいです。本人に感染した自覚がないまま、知らずに他の人にうつしてしまっている可能性もあります。

 現在少しずつ緩みがちな三密対策・マスク・消毒といった基本動作を忘れずに一人ひとりの創意工夫で、日々の生活や社会機能への影響を最小限にしたうえで、皆様と感染をできる限り抑えられる様に行動することが大切になってまいります。「人とのつながり」を大きく一変させたコロナ、このコロナ禍で、「当たり前」が「当たり前」でないこと、日々の生活に感謝すること、そして心身の健康を保つためには人とのつながりや交流が大切であることにおいて様々なことに気付かされました。

 大切な子どもたちを預かる園において「思いやり」「命の尊さ」というものを教えながら子どもたちと共有し、保護者の皆様のご協力を頂きながら「人とのつながり」をより一層強いものにしていきたい所存でございます。

フロンティアキッズ本部 野部久美子


ページトップへ