「年度末にあたって」
コラム コラム

「年度末にあたって」

カテゴリ:コラム

2021年 3月

 梅の開花があり、次に桜に移り温かさも増してくると、心わくわくする春が近づいてきますね。と言っても、コロナが落ち着かない限りワクワクの春はないのでしょうが、何やかやと言ってるうちに今年度も残り1か月となりました。

 ~ジャック・ニコルソンさん演じる私立探偵のもとに謎の女性から電話がかかる。女性は警戒しながらも「今おひとり?」。電話の周囲には複数の人間がいたのだが、探偵は「誰だってひとりさ」。人間はみな孤独であると言って会話をつないだ……~
 これは「チャイナタウン」という映画の場面ですが、そう、人間はみな「ひとり」なんですよね。しかし、私達の周りには多くの、励みとなり力となってくれる人達がいます。今回のコロナでは、「緊急事態宣言」が出され、仕事はリモートワーク、会食は皆で楽しくということも出来ず、旅行にも出かけられない等々…家族のある人は別として、一人暮らしの人などはまさに「ひとり」を実感したかも知れません。この状況下で仕事を切られた人は尚更だと思います。

 と、前置きが長くなりましたが、私達の園でも保護者同士を繋げることができなかった一年に憂いています。今年度は「コロナウイルス」に振り回された感のある一年でした。楽しみにしていたイベントも軒並み中止せざるを得ず、お子さんばかりでなく、保護者の方々にもご不便、ご迷惑をおかけいたしました。例年ですと、保護者の方の交流も、イベントを通して行なえたり、ほぼ当園の恒例となっておりました保護者と職員の交流会(飲み会)も年度末などに保護者の方が計画してくださっていたのですが、残念ながら今年度は行なえません。せっかく、縁あってこちらの保育園に来て下さったのだから、いつの日かこのような楽しいことが行えるようになると良いですね。

 職員全員の心の中にある「毎日楽しく通える保育園」目指し、これからも頑張っていきたいと思っています。今年度は保護者の方々と対面でお話しする機会が少ないことにより、誤解された部分も多々あったことかと思います。また、認可保育園としては、まだまだひよこの私達故、ご心配をおかけした点もあったと思いますが、今後とも温かく見守っていただけましたら嬉しく思います。
                       

Frontier Kids Kamimachi 施設長


ページトップへ