食育活動 2021~椎茸栽培と出前出張食育授業@べジリンク

食育活動 2021~椎茸栽培と出前出張食育授業@べジリンク

カテゴリ:Frontier Global School

2021年度、Frontierkids Global school で実施した「食育活動」をご報告致します。

ひとつには、毎日のお給食の食材を委託している「べジリンク」さんによる、

椎茸栽培キットと出前出張食育サービスです。

 

年度では、一昨年度の2020年度になりますが、

2021年3月末で年度末でしたので、2021年に入れてご報告します。

2021年3月に、べジリンクさんから”椎茸栽培キット”を頂き、保育園で栽培しました。

毎日霧吹きで水をかけて、大切に育てました。

約2週間ほどで、

たくさん椎茸が実りました。

さて、いよいよ収穫です。

 

ねらいを定めて切っています。

大きな立派な美味しそうな椎茸がたくさんできました。

収穫後は、お給食のメニューの中のスープの食材として調理する為、

食べやすい大きさに、はさみで小さく切りました。

  

この時は、まだChallenger(3歳児クラス)さんです。

とても真剣です。

普段から指先をたくさん使ってお仕事をしているので、とても上手に細かく切れていますね。

食べやすい大きさに切りました。

柔らかくてとても美味しそうです。

「もっともっと小さく切ろうよ!」

「わたし、しいたけきらいだから、もっと小さい方がいい!」

と言って、さらに細かく切っている子もいました。

けっこう小さく切りましたね。

これなら、椎茸が苦手な子も食べられるかな?

この後は、キッチンへ持っていき、お給食のスープに入れてもらいました。

自分たちで育てて、収穫した椎茸は、とても美味しくて、みんなもりもり食べていました。

苦手な子も、チャレンジしていましたよ♡

丹精込めて、育てた野菜を収穫できた時、

そして、それを調理して皆で味わうという達成感は、

きっといつまでも心に残っていることでしょう。

 

そして、2021年10月1日、

出前出張食育授業がありました。

べジリンクさんの食育インストラクターの方に保育園に来てもらい、

食育の授業を実施して頂きました。

珍しい野菜から、見慣れた野菜までを、触って、匂いを嗅いでみました。

包丁でカットしてもらったその野菜の切断面を見たり、触ったり、匂いを嗅いだり、ちょっとかじってみたり、実体験を楽しみました。

みんな興味津々です。

インストラクターの方にも、どんどん積極的に思ったこと、感じたことを伝え、質問もしていました。

さて、この野菜はなんでしょう?

順番に1枚ずつ葉っぱをもらって、触って、匂いを嗅いで、確かめました。

   

小松菜ですね。

小松菜は、ビタミン類、ミネラルが豊富な栄養価が高い緑黄色野菜です。

 

  

つぎは、みんなよく知っている”さつまいも”です。

調理された後の状態は知っているけれど、生はまだ見たことがないという子もいました。

 

さて、次は、珍しい野菜です。

”紅芯大根(こうしんだいこん)”です。

苦味が少なく、甘みがあり、水分も多いので、サラダやお漬物によく使われます。

スイカのような感覚で、食べたくなってしまいました。

みんなに一切れずつもらったので、ちょっとなめたり、かじってみたりしている子もいました。

お味は、微妙な感じのようです。

いろいろな質問を積極的にしていました。

「どうして赤いの?」

素朴な疑問です。

「どうしてかな~? こういう種類の大根だよ。

もともとは、中国のお野菜で、お祝いのお料理によく使われます。

大根だけではなく、野菜や果物には、それぞれいろいろな種類があって、

その国、地域や場所で、色、形、大きさ、味など、違います。」

 

 

次は、”種” の授業です。

大根、とうもろこし、大豆の種を手に取って、触ってみました。

「これが、この写真のような野菜になるんだよ!」

小さな種に興味津々ですね。

 

種の植え付けから収穫までの紙芝居を読んで下さいました。

農家さんが毎日一生懸命をお世話をし、丹精込めて作られたお野菜は、収穫され、そして出荷。

その後、店舗で売られて、それぞれのお家で美味しくお料理されて、みなさんの食卓に上がります。

美味しいお野菜がたくさん食べられるのも、育ててくれる農家さんのおかげです。

毎日感謝して頂きましょうね♡

 

 

最後は、みんなで記念写真!!

べジリンクさん、とても有意義な時間をどうもありがとうございました。

たくさんの学びがありました。

普段の生活にも活かしていきたいと思います。

 

植物を育てること、野菜や果物を育てることは、ほんとに根気のいる作業です。

どんな時でも、毎日欠かさず、お世話をしないといけません。

また、その植物の種類によっても、お世話の仕方が違いますね。

水がたくさん必要な植物もあれば、そうでないものもあり…

それぞれの個性、特徴、特質にあった、適度な、温度、水加減、肥料の加減が必要です。

日本でも、農業分野の技術開発、発展の為に、日々様々な科学的研究が行われております。

 

Frontirekids Global school でも、いろいろな植物を育てています。

 

こちらは、昨年、2021年6月4日、ピーマンとトマトの種を土に蒔く、実験をしました。

お給食の食材のピーマンとトマトをひとつずつ頂いて、その中から種を取り出して、ポットに埋めました。

 

小さい種を丁寧に、ひとつずつ一生懸命つまんでポットに入れています。

どんな風に育つかな?

みんなウキウキわくわく!

 

霧吹きで、水をあげました。

 

 

 

6月22日、ピーマンの小さな芽が出て来ました。

 

 

7月25日、すくすく育っています。

 

 

8月24日、さらに大きくなりました。

蕾がついています。

 

 

一生懸命、お水をあげました。

 

 

9月6日、花が咲いています。

 

 

9月10日、奥の方で、小さなピーマンを発見しました!!

 

 

9月13日、初収穫しました!!

初収穫のピーマン、2個!!

給食の食材に入れてもらいました。

 

 

 

11月26日、2回目の収穫です。

2回目は、たくさん収穫できました。

種から育てたピーマンを収穫出来て、みんな大喜びです!!

実験大成功!!

 

ピーマンと一緒に埋めたトマトの種が気になるところですが、

トマトもピーマンよりも早く実り、たくさん収穫出来ました。

(こちらの報告は、Botany - Plant science - 植物科学 で後程行う予定です。)

 

 

実は、

”植物を育てること”は、

「科学実験(Scientific experiment)」です。

ガーデニング(Gardening)が「科学実験」という認識はあまり日本では一般的に馴染みがないですね。

しかし、欧米では、わりと一般的のようです。

ある日、アメリカ人の女性の方に言われました。

ガーデニングが好きな人は、科学(Science)が好きなんだと…

なぜなら、ガーデニングは、

科学実験(Scientific experiment)だから…

「いつも、植物の生長観察をして、土壌の状態をチェックし、肥料の配合をして、水加減をして、

いろいろ研究して、どんな風に育つか試してる、実験している。それは科学実験だよね!」

なるほど! と思いました。

 

子ども達は、科学実験(Scientific experiment)が大好きです!

だから、植物、生物、自然が大好きなのですね!

 

これからも、子ども達の興味関心、様々な気づき、

そして日常に溢れるたくさんの不思議に向き合い、それを学びに繋げていけたらいいなと思います。

自主的に、意欲的に、夢中になって学びに取り組み、

探求していく力を育んでいきたいと思っております。

 


ページトップへ