枝豆の初収穫とパン作り!!

枝豆の初収穫とパン作り!!

カテゴリ:Frontier Global School

9月7日(月)に枝豆を初収穫しました。

種から育てた枝豆です。

7月8日に種まきしました。

<*種まきの様子は、こちら↓です。

*③Botany (Biology) 植物の生長を楽しむ。-Summer School->

一生懸命、お水をあげて、お世話して育ててきました。

もちろん、枝豆もトマトもバジルもテラスで育てているお野菜は、全て無農薬です。

なので、虫に食べられる前に収穫しないといけません。

虫さんに食べられてしまっているものもありますが、虫が食べるということは、

考え方を逆転すれば、

安全で美味しいということですね♡

自分で育てたお野菜を収穫する喜びを味わうことが出来ました。

  

「お豆が入ってるふくらんでるのを取るんだよ!」

「これ、お豆入ってるよ!ほら!」

などとお友達とお話ししながら夢中になって採っていました。

 

収穫した枝豆は、枝と葉っぱを取り除きます。

   

一生懸命ですね。

 

枝と葉っぱを取り除いたら、枝豆の端の尖った部分を切り落とします。

「お豆を切らないようにね。皮の端っこのちくちくする痛いところを切るんだよ。」

年長さんは、年中、年少さんに教えてあげています。

 

 

そして、キッチンへ持っていき、茹でて頂きました。

さあ!出来上がり!!

 

 

お給食の時に、少しずつみんなで分け合って食べました。

 

とっても美味しい枝豆でした!

 

さて、日付は変わって、

9月10日(木)は、枝豆とトマトを収穫し、枝豆&トマトパンを作りました。

今回のパン作りは、Frontier & Pioneer そして、

パン作りとピザ作りを1度も経験していないお友達優先で行いました。

      

トマトを収穫しました。

 

グループになり、それぞれのグループで作業を分担して行いました。

チームワークは大切です。

枝豆を鞘から取り出すグループです。

仲間と手分けして一生懸命作業をしています。

こちらのグループは、トマトを4等分にカットするグループです。

 

そして、もう一つのグループは、ホームベーカリーのパンケースにパンの材料を入れるグループです。

レシピを見ながら、正確にスケールの数字と分量をみんなで確かめ合いながら行っています。

確認作業は大切ですね。

これもチームワークです。

年長さんは、年中、年少さんに優しく声をかけて、分量を教えてあげています。

お互い助け合っています。

トマトと枝豆を入れました。

スイッチオンして、後は出来上がりを待つだけです。

 

出来上がり!!

枝豆とトマトのパンです♡

 

 

おやつの時に、みんなで少しずつ味わいました。

ほのかにトマトと枝豆の風味がして、しっとりとした美味しいパンでした♡

 

ちょっと過去に遡って、

9月4日(金)は、Adventure(2歳児クラス)さんだけで、セサミパンを作りました。

  

ごまをすります。

ごますりのお仕事は、日常のお仕事として毎日行っています。

「胡麻をする」という活動の中には、たくさんの目的が含まれています。

すり鉢が動かないように、しっかり押さえながら、すりこぎを持って力を入れて胡麻をすりますね。

力がないと擦れません。

適度な力加減が必要です。

そこで、意識的な運動能力を養う訓練になります。

また、集中力、忍耐力も必要です。

綺麗にごまが擦れてくると、良い香りがしてきます。

嗅覚も刺激されます。

また、胡麻を擦っている間は、プチプチと擦れる音がします。

心地よい音ですね。聴覚も刺激されます。

そして、味わえば味覚も刺激されます。

強力粉をパンケースに入れます。

2歳児さんにとっては、こぼさないように入れるという作業だけでもとてもエネルギーを必要とする作業です。

”おたまで粉をすくったら、それを平行バランスをとりながら、傾けないように、こぼれないようにパンケースまで持っていき、そこでそっと静かに返し、容器に入れる” という、大人はちゃちゃっとやってしまう作業ですが、この一連の動きは小さなお子様にとっては、真剣作業なのです。

バターを測ります。

スケールの数字を読んでいます。

10までの数字を読めるようになっている子もいます。

興味津々ですね。

 

擦った胡麻を入れました。

この後は、ホームベーカリーにセットして、出来上がりを待ちます。

 

お料理した後は、お片付けです。

お片付けまでがとても大切なお仕事です。

 

 

さあ!出来上がりました!!

ふっくら美味しいセサミパン♡

胡麻の香りがほのかに漂い食欲をそそります。

おやつの時にみんなで少しずつ味わいました。

 

お料理は、「感覚」「言語」「数」「文化」もちろん「日常生活」

すべての分野が含まれた総合的なお仕事です。

調理器具を扱うことは、意識的運動能力が必要ですね。

食材を触って触感を感じます。

匂いで味を想像しますね。

風邪をひいて鼻が詰まると味がしない、食事が美味しくないということは、嗅覚は味覚に大きく作用しているということですね。

お料理しながら時々味見しますね。

出来上がれば、食卓でお食事です。

触覚、嗅覚、味覚の他に、

ぐつぐつ、じゅうじゅうと煮たり焼いたりの音も重要です。

聴覚ですね。

焼き色等を見て出来上がりを判断するので、視覚も大切です。

五感フル活用です。

レシピを読んで、分量を間違えず、順序通りに作っていかないといけませんね。

読むということは「言語」です。

わからない言葉があれば、調べて覚えますね。

お料理用語、たくさんあります。

また、食材の名前も!

そして、

分量を量ることは、「数」ですね。

作る量がレシピの人数分でなければ、実際の人数分を計算しないといけません。

また、手順を間違えてはいけないところも多いですね。

秩序です。

数学的要素もたくさん入っています。

そして、

お料理は「文化」です。

国や地域によって、また家庭によって、味が違ったり、食材が違ったり、作り方が違ったりします。

料理の味は、まさに「文化」です。

旅行に行くと、”そこの名物を食べたい”というのは、文化の違いを楽しみたいからですね。

 

これからも、いろいろなクッキングを楽しみたいと思います。

お家でも、ぜひ、お子様と一緒にたくさんお料理を楽しんでくださいね♡

 

 

おまけ☆彡

今、テラスのプランターでは可愛いスイカが実ってます♡

これも子ども達がお家で食べたスイカの種を自主的にプランターに埋めました。

この後、どうなるかな?

楽しみです♡

 


ページトップへ