❄12月理科実験❄

❄12月理科実験❄

こんにちは!いつもブログをご覧いただきありがとうございます🎵

本日は、12月の理科実験の様子をお伝えしたいと思います!

12月は結晶を作る実験を行いました❄❄❄

 

    

まずは、氷水を用意します。

氷水の温度は0℃

実際に手で触れて、冷たさを確認します。

「冷たい!」

    

次に用意するのは食塩。みんなで少しずつ塩を氷水に入れていきます。

「どうなるのかな~」と不思議そうに混ぜる子どもたち。

食塩水を入れると、、、

「さっきより冷たい!」

この時食塩水を入れた氷水は0℃以下。塩には氷を溶かすスピードを早くする性質があり、

氷は周りの温度をぐんぐんと下げていくので、温度は0℃より低くなっていきます。

↑冷たくても手を豪快に入れています😲

アルミホイルで氷水をかざして見てみます。

結晶が少しずつ浮き出てきました。それをスプーンですくってみたり、何個あるかを数えました。

食塩水の水分が蒸発すると、溶けていた食塩が結晶となるのです。

 

材料は水、氷、食塩水で簡単に行うことが出来るので是非、皆様も実験をしてみて結晶が現れる様子を

見てみてください⛄

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました😊

相川がお送りしました🎵


ページトップへ