クッキング~お月見芋団子~
フロンティアキッズ 上馬 フロンティアキッズ 上馬

クッキング~お月見芋団子~

昨日9月15日は十五夜でしたね。

この「十五夜」は、中秋の名月とも言われますね。

十五夜とは満月の夜のことを指しますが、特に澄んで晴れ渡る空が見えるのが9月中旬から10月上旬と言われ、この時期に出てくる満月を十五夜、中秋の名月といいます。

お月見の風習自体は、なんと平安時代からありましたが、

江戸時代に入り、作物が月の満ち欠けと一緒に成長していくことから、縁起のいいものとされ、

そのことから、十五夜は秋の収穫を喜び感謝する祭りとして、定着していきました。

 

そんな十五夜には、お月見団子をお供えするのが定番ですね。

穀物の収穫に感謝し、月のようにまん丸なお団子をお供えしたのが、お月見団子の由来だそうです。

そんなお月見団子に見立てて、これからがおいしいサツマイモを使って、お団子作りに挑戦です!

 

img_0405img_0380

ふかしたお芋を、マッシャーでつぶします。

つぶれていないところが残っていると、上手に丸まらない!というお話を聞いて、みんなとっても真剣な面持ちです。

img_0415

みんなでつぶしたお芋に、上新粉を混ぜます!

「これ、こむぎこ?」「じょうしんこってなに?」

上新粉はうるち米から作った粉のことで、うるち米っていつもみんなが食べてるお米のことだって!

img_0438img_0426

上新粉を混ぜたお芋を、ラップに包んで、お団子の形に上手に丸めました!

真剣そのものの表情ですね。

img_0452     

みんなに作ってもらったお芋団子を沸騰したお湯でゆでて、お月見芋団子のできあがり!

お醤油とお砂糖で作ったみたらしをかけて、いただきました。

ふんわりとしたお芋の甘さはみんな大好き!ですね。

あっという間に、たいらげてましたよ。

 


ページトップへ