イカの解剖のお仕事

イカの解剖のお仕事

先日、柚木先生による「イカの解剖のお仕事」の集団提示がありました。

みんな生のイカに興味津々!

真剣に聞いています。

「イカの足って何本あると思う?」

「イカはむせきつい動物なんですよ」

「生命の歴史では、どの時代に出てきたかな?」

イカのくちばし(がくはん)を「からすとんび」と言います。

そこからスポイトで色水を流すと、色水が食道を通っていきます。

イカの内臓を色塗りしました。

目は人間の目と似ています。

真剣に色塗りをしています。

イカの不思議に出会え、新しい発見もたくさんでした。

本物に触れる機会を、これからもたくさん作っていきます。

 

 

 

 


ページトップへ