2月理科実験&日常(後半)

2月理科実験&日常(後半)

少し時間が空いてしまいましたが、2月の理科実験と日常の様子を

紹介していきたいと思います。

~理科実験~

2月の理科実験は、重曹を使いエアインチョコを作りました。

まずは板チョコを細かくします。一人一人の紙コップに、細かくしたチョコを入れていきます。

『えー、細かすぎるー』と言っていましたが、やっているうちに楽しくなったようで

楽しみながらチョコを細かくしていました😊

水と重曹を入れて、少し混ぜ電子レンジで温めます。

自分でワット数や時間を調節してみました!初めは職員に聞きながらでしたが、

1度教わった子どもは、次の子に教えている様子も見られました!!

チョコを温めている間に、スプーンに付いたチョコをペロリ 😛 

また待っている間に、重曹を舐めてみました。『にがい‼』『しょっぱい!』

と言いながら、重曹の味を確かめていました。

なかには『おいしいよ』と言っている子どももいました。味覚は人それぞれ

だなと、改めて感じました  😀 

溶けたチョコをぐるぐるかき混ぜて、空気を入れます。

ある程度かき混ぜた後は、再度レンジで温めれば完成です!

再度温めた後は、しばらく余熱を取っているとチョコが膨らんできます。

その現象を観察し、冷凍庫で固めると出来上がり!!

紙コップを剥がして食べている子どもや、そのままスプーンですくって食べている子どももいました。

チョコの甘い部分と、重曹のしょっぱい部分を見つけたり、他の子どもと自分の出来栄えが

どう違うのかを見て比べたりしていました。

 

~日常(後半)~

2月後半の室内では、怖い話や大富豪や卓球などで遊びが盛り上がっていました。

 

東京防災を自然と読み始め、震災について学習してるのかな⁉理由は何であれ、自ら興味を

持ち知識を蓄えているのではないかと思います 😀 

大富豪は、複雑なローカルルールも入れているのでとても頭を使います!

職員も本気で挑みますが、負けてしまうことこともあります 😥 

なので、1年生でも5年生に勝てることがあるのでとても人気の遊びです!!

卓球は、年間を通して人気はありますが、波があるのでまったくやらない時もあります。

外遊びでは、新たな公園を選択肢の中に入れたのでその公園が人気でした。

今までは2つしか選択肢がなかったので、3つに増えることで遊びの幅も広がりました😊

たまに来る高学年が遊びに入ると、低学年はとても楽しそうです。

高学年が鬼になり鬼ごっこをしているので、逃げる低学年は必死ですが捕まっても

もう一度高学年を追いかけに行くこともあります。

また2月の最終週には、カエルの卵が大量発生していました。🐸

カエルを観察したり卵を観察したりしていました!!

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

次回は、3月の日常の様子をご紹介したいと思います。

ページトップへ