0歳児クラスのモンテッソーリ活動
フロンティアキッズ 河田町 フロンティアキッズ 河田町

0歳児クラスのモンテッソーリ活動

毎日暑い日が続いておりますが、皆さまお元気でお過ごしでしょうか?

今日は、久しぶりの雨で、ちょっと涼しいですね。

明日は、台風が接近すると言われておりますので、どうぞお気を付けください。

 

さて、モンテッソーリ活動は、大きい子だけのもの、と思われがちですが、

決してそうではありません。

もう生まれた時から、活動は始まっているのです。

誕生と同時にその子独自の発達のプログラムとスケジュールを以って、

内なるTeacherが敏感期に合わせて、

「さあ、今からあなたはこの作業をたくさん行うのよ!」と指示し、

自分で自分の身体つくりを行うのです。

モンテッソーリ活動は、環境のすべてがお仕事の教具なのです。

ですから、0歳児の赤ちゃんも、毎日、お仕事してますよ。

今日は、赤ちゃんたちのお仕事の様子をご紹介致します。

手のひら全体を使ってものをつかむことができるようになり、

今度は、指先で少し小さいものを引っ張ることが面白くなってきました。

ひもやゴムについている大きなビーズを一生懸命つかんで引っ張っています。

力もだんだん強くなってきましたよ。

 

小さなお友達は、うつ伏せ遊びがだんだん上手になってきました。

うつ伏せで周りを眺めながら、背筋、腹筋、腕の力、全身の力を鍛えています。

前にある玩具にも手を伸ばして、一生懸命全身の筋肉を鍛えています。

お名前を呼ぶと

満面の笑みで、答えてくれます。

可愛いですね。

手足が自由に思い切り動かせるように、周りを広々と、

そして裸足で軽々とさせてあげるとよいですね。

 

 

穴の中に入れたり、出したりすることが大好きな時期です。

この活動は、しばらく続きます。

最初は、大きな穴に大きなものから始まり、

だんだん、小さな穴に小さいものを落とすようになります。

「中に何が入ってるのかな?」という感じで、のぞき込んでいる様子はかわいいですね。

 

これは、玉落しです。

玉を手のひらで力いっぱい押して穴に入れると、

コロコロ転がって最後は「ちりん♪」と音がなります。

玉が坂を転がっていく様子がとても楽しいのです。

玉を追うという視覚的要素も含みながら、

バランスよくお座りができないとこのお仕事は難しいので、

手の力や身体のバランスも養われています。

 

端にマジックテープがついていて、長く繋げることができるお仕事ですが、

まだその前段階です。

ふわふわ柔らかいので、握って上下左右に振り回しています。

ちょうどつかみやすい太さと柔らかさです。

万が一当たっても柔らかいので怪我はしません。

腕全体で思い切り振って、棒がしなるのが面白いのでしょう。

腕の筋肉や全身のバランス感覚を養っています。

運動、感覚の敏感期は生まれた時から6歳くらいまでずっとピークです。

たくさんお仕事をして、しっかり身体つくりをしていきましょうね。

 

 

ページトップへ