モンテッソーリ活動
フロンティアキッズ 葛西 フロンティアキッズ 葛西

モンテッソーリ活動

フロンティアキッズ葛西では0歳児からモンテッソーリ教育を実践しています。モンテッソーリ教育では、子どもたちの自立心を育むことを大きなねらいとして日々の生活の中での見守り、そしてモンテッソーリ教具を使った「お仕事」と呼ばれる時間を大切に日々保育にあたっています。

子どもたちの「自分でやりたい」「お父さんやお母さんがしていることをやってみたい」「大人と同じものを使いたい」という思いから生まれた教具を沢山揃えています。子どもが扱いやすいサイズ感、興味を引くデザインなどが配慮された素晴らしい教具ばかりです。

今日はモンテッソーリ活動に取り組む子どもたちの様子を少しだけご紹介します。まずは0歳児クラスのお友だちから。みんな真剣な表情で目の前のお仕事に集中して取り組んでいます。

うみクラス(0歳児)のお友だちも一年間で大きく成長しました。最近ではスプーンを持って空け移しやトンカチなどの道具を持って行うお仕事も出来るようになりました。ボタン落としや蓋の開閉のお仕事は大人気のお仕事で指先を器用に使って何度も何度も満足するまで繰り返し取り組んでいます。

そらクラス(1歳児)になると、身体の発達と共に自分で出来ることが増え、取り組むことができる教具の種類も増えました。日常生活の練習に入る着衣枠には、ボタンやファスナー、マジックテープ、スナップなどさまざまな種類がありますが、最近はファスナーやボタンに興味津々で取り組んでいます。言語の敏感期にあたるお子さんも多く、言語カードや絵合わせなどの教具も人気です。

にじクラス(2歳~5歳児)になると、更に高度なお仕事に取り組むことができるようになり、数のお仕事や文化の教具にも興味を示して取り組む姿が見られます。はめこみ図形(メタルインセット)では鉛筆をしっかりと握って図形を書いています。ごますりやコーヒー豆を挽くお仕事は香りもよく人気のお仕事の一つです。

モンテッソーリ活動をしている子どもたちを観察すると、満足感や達成感に満ちています。やりきったことで自信につながり、またやってみよう!初めてのものにも挑戦してみよう!という自立心が育まれています。

 

ページトップへ